Important information

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to Steel Media's privacy policy.

Steel Media websites use two types of cookie: (1) those that enable the site to function and perform as required; and (2) analytical cookies which anonymously track visitors only while using the site. If you are not happy with this use of these cookies please review our Privacy Policy to learn how they can be disabled. By disabling cookies some features of the site will not work.


大悲呪


大悲呪
Download on the AppStore Click here to request a review of this app

  • App Store Info

Description

大悲呪(だいひしゅう)は大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)と呼ばれますが、正式には千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼(せんじゅせんげんかんじざいぼさつこうだいえんまんむげだいひしんだらに)といいます。すなわち観自在菩薩(観音さま)の大慈悲をあらわした経典です。

陀羅尼とは「総持・真言」と訳され、一切の功徳を総(すべ)て持つという意味です。

大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)とは、正式には『千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼』といい、伽梵達摩訳『千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼經』の陀羅尼部分を取り出したものとされる。略して大悲呪という。

「なむからたんのー、とらやーやー」という出だしで知られており、日本の禅宗で広く読誦される経典である。

ナムカラタンノー、トラヤーヤー。禅宗寺院で最も多くの機会に読まれる「大悲呪」。しかし、「漢字を見ても何が書いてあるのかわからない」のが陀羅尼です。

檀信徒の方から、「今のお経は、どんな意味ですか」と聞かれて、お困りになった住職方も多いはずです。実は、本書の著者も、同じ困惑をした僧侶の一人なのです。

「大悲呪」とはどんなお経なのか? 唱える目的は? その御利益とは?

「大悲呪」に対して同じ疑問を持つ著者が、その意味内容を分かりやすく説いた、禅宗僧侶必読の一書です。

おおよその意味

仏・法・僧の三宝に帰依します。聖なる観自在菩薩、偉大なる求法の大士、大悲心の尊に帰依します。
オーン、一切の恐怖から衆生を救くってくださる菩薩に帰依します。

私は、菩薩に帰依すれば聖なる観自在のシヴァの秘儀において、神威の力を蔵する真言を唱えます。この霊句は一切の吉祥を成就させて、清浄にして破れることなく、一切の迷いの世を全き浄にあらしめます。それは次の唱句です。

オーン、光明の尊よ。輝き智慧の尊よ。世を超える尊よ。ヴィシュヌ光照の大菩薩よ。念じよ、念じよ。唱えよ、唱えよ。

霊句の唱えられるところに、成就せよ、成就せよ。勝利者よ、偉大な勝利者よ。この霊句を受けよ、受けよ。天帝の自在なる者よ。威力を発動せよ、発動せよ。穢れなき者よ。

解脱者よ。穢れなき身の者よ。来たれ、来たれ。世自在なる者よ。

What's New in Version 2.0

support ios4.2

Screenshots

Screenshot 1 of 4 Screenshot 2 of 4 Screenshot 3 of 4 Screenshot 4 of 4