Important information

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to Steel Media's privacy policy.

Steel Media websites use two types of cookie: (1) those that enable the site to function and perform as required; and (2) analytical cookies which anonymously track visitors only while using the site. If you are not happy with this use of these cookies please review our Privacy Policy to learn how they can be disabled. By disabling cookies some features of the site will not work.


「好かれる」ヒント「嫌われる」理由


「好かれる」ヒント「嫌われる」理由
Download on the AppStore Click here to request a review of this app

  • App Store Info

Description

◆◆ 緊急値下げ!! 350円→85円!◆◆
――――――――――――――――――
職場でも、趣味の会でも、友人関係でも。
人に好かれるワンランク上の心理術!
――――――――――――――――――
好かれる人の条件とは?生き残るための意外な心理戦術がここに!

「好かれる人」には、人もおカネも集まりたがる。
相手を「ほめる」より「立てる」、「いい出会い」をつくる作戦など、積極的に人に好感を持たれるようになる、ちょっとしたマナーと自己アピール法を紹介。

◎「いい出会い」には作戦がある
◎相手を「ほめる」より、「立てる」方がいい
◎「聞き上手」が人に好かれる理由
◎「いいわけ」をすると人間関係がつづく
◎一方的にしゃべる人には、「やましさ」がある

「なにげない言動」から心理をさぐり、独自に人間観察学の分野を開拓した渋谷昌三氏による、「人に好かれる」方法論!

―――本文より―――
基本は、やはり「相手の立場になれる」ことができるかどうか、だろうと思うのです。これをはずしたら、どんな方法を用いても「好かれる」ことはありませんし、ますます「嫌われる」ことになると、まず述べておきます。
――――――――――

【目次】
■第1章「いい出会い」には準備がいる-第一印象より「第二印象」で決まる
①「パッと見」効果で、自分に「いいラベル」を
②常識欠乏症の人は、「見た目のよさ」が逆に作用する
③第一印象の「一発屋」より、第二印象で「深まる人」になる
④「話の内容」より、「どんな話し方か」で決まる
⑤自分を印象づけるための「ちょっとした」エピソードを
⑥「相手のこと」はさりげなく聞き、イザというとき反応する
⑦「自分のこと」は小出しにして、再会のための「伏線」を張る
⑧別れ際に「相手の名前」を呼ぶと、出会いの印象が強くなる
⑨「同調のしぐさ」で少しずつ親近感が生まれる
→ほか全10項目

■第2章「いつも笑鹿」よりワンランク上の心理術-「表情美人」で好感度アップをめざす
①「美顔」の人はもてはやされ、「美表情」の人は愛される
②「いつも笑顔」の人が、みんなに好かれるとは限らない
③「笑顔でOK」という態度が自分を不自由にしている
④「笑ってごまかす」のではなく、「悪い空気を入れ換える」笑顔を
⑤嫌な頼みを断るときも、明るい笑顔でさりげなく
⑥「心のなか」を表情に出すほうが、「つきあい上手」になれる
⑦「空気が読めない人」には、笑って流す「大人の対応」を
⑧あまり親しくない人にほど「笑顔の力」は伝染する
⑨話し方と表憎のメリハリが、場の雰囲気を盛りあげる
→ほか全10項目

■第3章「ほめ上手」こそつきあい上手-ほめない人もほめすぎる人もダメ
①さりげない「ほめ上手」が、好感度を高める
②「自分の都合」でほめる人は、まだ「初心者」です
③ほめたつもりの「若々しく見える」は裏目に出ることも多い
④「センスがいいね」とほめると、その人のセンスが疑われる?
⑤人づてに伝える「ほめ言葉」で説得力も真実味もアップ
⑥知人の「ちょっといい話」を広めると「つきあい上手」になれる
⑦「ほめ上手」への第一歩は、観察力と記憶力
⑧「責めて」動かすか「ほめて」動かすかは、『北風と太陽』から学ぶ
→ほか全10項目

■第4章その「思い込み」が人にプレッシャーをかける-自分の「思いやり」をきちんと伝える交際術
①どういう人が」「やさしい」「気がきく」と思われるのか?
②「やさしさ過剰」は人をうんざりさせる
③「喜んでくれたら儲けもの」と思って、「やさしさ」を届ける
④「思いやり」と「思い込み」は、こんなに違う!
⑤相手の思いやりを「感じて」つきあうのもまた思いやり
⑥「相手もしってるはず」、その思い込みがトラブルを招く
⑦自分の「常識」は非常識?TPOが変われば通用しない
⑧「自分と違う」ことをおもしろがると、友達の輪が広がる
→ほか全10項目

■第5章「生き残る」ための意外な心理術-弱点を活用すると「強力な武器」になる
①口下手な人は、「頭」と「足」でプラス評価を得る
②できすぎ社員よ!ときには「できない社員」を演じてみよう
③不器用な人ほど、「勝ち組」へのレールに乗っている
④「頭がよくない」人ほど、独創的な仕事をするのか
⑤「叱られない人」よりも、「叱られ上手な人」が出世する
⑥「これといった業績がない」人ほど、図太く悠々と働け!
⑦「徹夜仕事ができない」人は、「知恵と技術」で生き残る
⑧「理想的な自分」より、「ありのままの自分」が好かれる
⑨自分を苦しめる劣等感が、「我が身を助ける」理由
→ほか全11項目

■第6章「もっと親しく」なるために何をするか-バーチャル「仲よし」の心理効果
①「いっしょに食べ」て、相手の心に食い込む
②業務報告をしながら、自分報告もする
③メールのやりとりだけで、どこまで親しくなれるか
④仲よくなってからも、「自分報告」をサボらない
⑤好かれるリーダーほど、「われわれ意識」を盛りあげる
⑥他人行儀な相手は、「なじみの店」へ招待する
⑦「事前の根回し」と、さらに事前の「貸し借り関係づくり」を
⑧上司との「いい関係」を、上手に演出する四つの方法
→ほか全9項目

■第7章「嫉妬となじみ」の心理術-社員と畳は古いほうがいい
①「嫉妬コントロール」ができれば、人は伸びる
②会社で威張る人は、寂しがり屋である
③人のプライドを傷つけない、「くすぐって」こそうまくいく
④落ち着きのない態度は、「何かを隠している」証拠?
⑤一方的にしゃべる人は、「やましいこと」を隠している?
⑥「悪いようにはしない」といわれても、信用してはならない
⑦成功のヒントは、「小さな契約」で「なじみ」になること
⑧毎日「顔をあわせている」だけで親しみが生まれてくる
⑨「握手をする」と、親近感が増す
→ほか全14項目

【著者情報】渋谷昌三(シブヤショウゾウ)
人の「なにげない言動」から深層心理をさぐり、独自の人間観察学の分野を開拓。1946年神奈川県生まれ。現在、目白大学教授。心理学者。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

What's New in Version 1.0.2

Adding a screen shot